【はぐれ渡り鳥純情派!?】

2月もあと少しとなりました。

もたもたしてるうちに

冬鳥たちの北帰行も始まってるようです^^;

今日も、鳥見帰りに信号待ちをしていると

カモの群れが戦隊を組んで飛び回っていました。

この冬は暖かいから例年より早いのかもしれませんね。

1月・2月と山地超えを果たし

色んな鳥さんとの出会いに楽しんできましたが

数百枚もの連写写真の整理が片付かず!

・・・というより、あまりの量にやる気が出なかっただけ!?(プププッ)

まぁ、言い訳はこれくらいにしてw

あの子たちが、北へ旅立つ前に、なんとかアップしたいと思います!

まずは、鳥の先輩様情報で探しまくった

サカツラガン

336A5077-1サカツラガン1

336A5088-1サカツラガン2

336A5095-1サカツラガン3

336A5126-1サカツラガン4

山地超えする前に、コハクチョウの群れと一緒に行動してるサカツラガンがいるよーー。と

鳥の先輩様に伺い

とりあえず、コハクチョウの群れ、コハクチョウの群れとひたすら探しまくりました

しかし・・・〇雲平野は広----い!!

この広い田んぼに、コハクチョウの群れがどこにおるんだか???

あっちやこっちととにかく探したんです。

コハクチョウより一回り小さいサカツラガン

双眼鏡で1時間は探したでしょうか!(ふぅーーー。)

この起伏のある畔の中にちょっと色の違う子を見つけた時には

チョーーー嬉しかったです(^^♪

ナベヅル

336A5181-1ナバヅル1

336A5184-1ナベヅル2

336A5186-1ナベヅル3

車でタゲリを探してウロウロしていると

2~3台の車が長いこと止まってまして

遠目にはダイサギにしか見えなかったんですが^^;

なんと!1羽だけナベヅルがいたんですよ!(@@)

ほとんどのツルたちは出水ですよね・・・。

どうしちゃったのかな?帰るときには合流できるのかな?

と、ちょっと心配しました><

コハクチョウ

336A4776-1コハクチョウ1

336A5036

336A5145-1コハクチョウ3

336A5147

1月はお天気が良すぎて白トビしてしまいましたが

今回は、やや曇り気味の撮影にはもってこい!のお天気でした。

コハクチョウ、大きい鳥なんですが

近くで見るときゅ~~と❤

今回の目的鳥であるもある

タゲリ

336A5245-01-1再

336A5253-1タゲリ2

1月にはお天気が良すぎたせいか、1羽もみなかったんですよ><

この日もなかなか出会えなくて

土手から田んぼを双眼鏡にて探して、探してやっと見つけました!(^▽^)/

ここにもう何年も来ていますが

タゲリをこんなに必死で探したのは初めてだったな・・・ボソッ。

ホシムクドリ

336A4896-1ホシムク1

336A4902-1ホシムク2

336A4925-1ホシムク3

336A4934

ホシムクの群れ、ざっと50羽はいたでしょうか!(@@)

ここは毎年逢える場所なんですが

今年は見ないなぁと諦めて車を出そうとしたら!

↑の写真にも写ってるかな?普通のムクドリペアが目の前の木に留まり

なんだ・・ムクドリか・・・。と呟いたとたん

あれよ、あれよとホシムクちゃんがいっぱい飛んできたんですよ~~♪

以上。

はぐれ渡り鳥純情派!?でしたーー。

とは言っても、はぐれ鳥はサカツラガンとナベヅルだけなんですけどネ・・・^^;で

後は、山地超え目的鳥のタゲリとホシムクと出会えてよかったです。

まだアップできてないカモたちや

ダム湖畔にて出会えた子たちを

渡ってしまはないうちに、急いでアップしようと思います。

羽生さん情報

体操界のキング!内村航平さんがフジテレビ「S-PARK」にて

金メダル2連覇を成し遂げた羽生さんについて語ってくれました。

OP3か月前左足首じん帯損傷という大怪我を負った羽生選手

内村さんも、ちょうど同じころ、同じ場所らへんの靱帯損傷を負っていて

「これはOPまで治らないんじゃないか!」

「ヤバイんじゃないか!」と思ってたそうです。

そしてOP当日、ショートプログラムでの、あのミスのない演技を見て

「見ていて意味が解らなかった・・」

「普通にやってますやん」と驚かれたんだそうです。

SP後のインタビューで

「どうして3か月も練習できなくて、ぶっつけ本番で、こんな演技ができるのか?」と聞かれ

羽生さんは、「僕はOPを知ってますから・・・・・etc。」と言ったんですよ!

内村さんは「僕もOP3回出てるけど、言えないですね~」と笑いながらおっしゃって

「同じ採点競技で、ミスが許されない!

練習を重ねないといけない本番前の3か月何をしたんだろう・・・。謎でしかない!」と!!!!

完璧なショートプログラムを終えた時点で

「もうこれは獲るな!(金メダル)」と確信したんだそうです。

練習を積んできました。というオーラではなく、金メダルを獲るためにきました!!

というオーラをまとってきましたという演技だった。凄かった!」

「これが本物だよなって改めて知れたし、自分もまたこういう風にならなきゃいけないって、

あの姿を見て思いました」と、

自身も東京五輪に向けて羽生さんを刺激にしたいとおっしゃられていました。

一流は一流を知る!

同じアスリートで、トップを張ってきた内村さんには

羽生さんの凄さ、素晴らしさ、美しさがわかるんでしょうね^^

ファンとして、とても嬉しい発言でした^^

広告

紹介 ❤ちえたん
鳥さんたちとお友達♪

12 Responses to 【はぐれ渡り鳥純情派!?】

  1. michitamoyan says:

    コハクチョウをはじめ、こちらではお目にかかれない、鳥たちです。
    いいですねー  癒されますねー。

    • >michitamoyanさん♪ こんばんは^^
      ねぇ~♪ 鳥さんはずっと見ていても飽きないですよね^^
      動きの一つ々が愛らしくて
      1羽家へ持って帰りたくなります(笑)
      コハクチョウやマガンは、瀬戸内海沿岸住の私も逢えない子なので
      〇国山地超えをして、毎年逢いにいくんですよ^^

  2. とんび says:

    カサツラガン・・・初めてお目に掛かりますよ
    白鳥類は 諦めていますけどね
    ホシムクは ムクドリの群れの中い たった1羽居るのを見ましたが・・・
    こんなに群れで しかも 良い所に止まって・・・羨ましい!!

    • >とんびさん♪ こんばんは^^
      サカツラガン、私も初見でしたーーー。
      鳥の先輩様情報がなければ、コハクチョウの群れに紛れてるのを
      見つける事はできないでしょうね^^;
      ホシムク、ネットで調べてみると
      ムクドリの群れに紛れて1~2羽いる、というのが普通らしいですが
      〇根県や鹿児〇県では、群れで越冬していると書いてありました。
      ここでは群れをほぼ毎年見れているので
      群れの越冬地なのかもしれませんね^^
      めったに見れない子なので、しかも50羽以上の群れ~♪
      嬉しかったですね^^

  3. agehamodoki says:

    「2月は逃げる」と言いますネ。
    春は待ち遠しいけど、余りにも月日が経つのが早過ぎます。
    湖北にやってきたオオワシは北帰したそうです。
    たくさんのコハクチョウの中からサカツラガンが見つかって良かったですね。
    あの広いエリアで、当日情報が無くひとりで探すのは大変でしょう。
    私がうろうろした時は斐伊川河口や空港周辺にコハクチョウは多かったです。
    ナベヅルは確か居ついている個体がいたような・・・・!?
    鶴は立ち姿が美しく日本人好みですね。
    タゲリは地元に20羽以上が滞在中です。
    北帰間近でしょうか?!
    ホシムクは近畿圏へもやって来ているようですが
    今年はご近所で見ていません。
    やっぱり当地の数は凄いですね。
    有難さがなくなってしまう(苦笑)

    羽生君、怪我の具合はどうなんでしょう!?
    まわりの声に振り回されず、まずはじっくり治して欲しいです。

    • >agehamodokiさん♪ こんばんは^^
      「余りにも月日が経つのが早過ぎます」
      ですよねーーー><。
      つい先日も、鳥の先輩様とそのお話をしました。
      1年が、一月が、一日が経つのが早い!!と感じるお年頃なんでしょうね。。
      サカツラガン、見つけるのに結構時間がかかりましたが
      コハクチョウの群れに交じっているとか
      1月はアノアタリだったけど、最近はアソコラヘンとか情報がなければ
      絶対に見つけられなかったでしょう・・・(先輩様に感謝です^^)
      えっ?このナベヅル居ついてる子なんですか?
      でも夏には北へと渡っていくんですよね???
      情報もなく、偶然出会えた鶴にちょっと興奮しました(笑)
      タゲリが20羽以上地元で見れるのは羨ましいです。
      県中部の田園には見れるという場所があったのですが
      最近はどうなのかな?話も聞かないし・・・ボソッ。
      ホシムク!ここで毎年何十羽の群れに逢えるんですが
      珍しいし、美しいし、結構テンション上がりました^^
      羽生さん、埼玉の世界選手権では、怪我が治っていて
      万全で演技してほしいです。

      コッチョリですが・・・。
      先日申し込んだ某旅行社のツアー
      当然ですがハズレました・・・Orz。
      羽生さんが出る大会は厳しいです!!><。。。

  4. Sartenada says:

    Hello.

    Awesome bird photos! I enjoyed seeing them. Are they migrating to Japan or on the way to some another country? Thank You sharing Your beautiful photos with us.

    Have a good day!

  5. Pin says:

     どうも初めまして。鳥のラインナップに見覚えが…と思ったらやはり出雲の方でしたか。
     当方現在は佐賀市在住ですが4年半前まで出雲に住んでいました。

     ツルが「ナベヅル」と有りますが「マナヅル」が正しいです。
     …と言うかこの個体は2002年の時点で既に住み着いており、私が出雲在住時に何度も観に行ったツルと思われます。
     自分が遠方に引っ越してしまった為、情報も入って来なくなり心配してましたが元気な様で何よりです。

     下記ブログの「出雲市のマナヅル」で検索すると当時の記事が読めます。

    • >pinさん♪ 初めまして♪
      コメント頂いてて、お返事しようと思ってるうちに
      春が過ぎ、令和となってしまいました^^;
      この子は逸れ鶴!マナズル→ナベヅルなのですね^^
      教えて下さってありがとうございます~♪
      この子、ずっと居ついてる子なのですか?
      日本の暑い夏をも耐え、この地の気候に馴れちゃったのかな~?
      一羽っていうのが、ちょっと寂しい、可哀そうな気がしてしまいますが
      案外、ご本人?ご本ツルは、一ツルを満喫してるのかもしれませんね(o^―^o)ニコ
      元気に採餌していましたよーー。ご安心ください^^

      コメントありがとうございました^^嬉しかったです!
      現在は佐賀市のほうへ住んでおられるんですね^^
      そちら方面へは、鳥友さんたちが頻繁に行かれています。
      賑やかですもんねシギチ・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。